木枠 木枠

最終更新日:2018/12/26

犬の歯周病にかかる前に知っておきたい予備知識

犬の歯
この記事をシェアする

歯周病ってどんな病気?

吠える犬
歯周病とは、歯石(プラーク)の中の細菌によって、歯茎が炎症を起こしてしまう病気です。

進行すると、歯を支えている顎の骨が溶けていき、歯が抜けたり、下顎が骨折してしまうこともあります。

また、歯肉の隙間から細菌が全身を循環し、心臓・腎臓・肝臓疾患の原因になるともいわれています。

歯周病にかかりやすい犬種

はにかむチワワ
歯周病は、歯が小さくて、歯と歯の隙間が狭い小型犬がかかりやすいといわれています。

チワワ・ミニチュアダックス・トイプードルなど、室内飼育可能な小型犬が人気を博している今、歯周病は深刻な問題となっています。

また、歯周病は少しずつ時間をかけて進行するので、犬種を問わずシニア犬に多いともあります。

歯周病を引き起こす原因

犬の歯周病の原因は、次のようなものが考えられます。

歯垢・歯石がたまっている

歯石がついた犬
歯周病の原因となる歯垢は、口内にこびりついた食べかすの中に繁殖します。歯垢をそのまま放置すると、最終的には石灰化して歯石となってしまいます。

歯石は表面がザラザラしているので歯垢がつきやすく、歯石が肥大化する悪循環が起こってしまいます。歯垢と歯石を増やさないためには、口内に食べかすが残らないように、歯磨きをしてあげることが一番です。

噛み合わせが悪い

おもちゃを噛む犬
上の歯、下の歯の噛み合わせが悪いと、食べ物のカスが詰まりやすくなり、歯周病の原因となる歯垢を増やす原因となってしまいます。

噛み合わせが悪くなる原因には、遺伝や怪我など様々ですが、稀に乳歯が残ったままになっていることで永久歯が正しく生えず、噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。

唾液の量が少ない

口元を覆った犬
犬の唾液には、歯周病原菌と戦う免疫抗体が多く含まれており、口内の清潔を保つためには不可欠なものです。

ドライマウスによって唾液の量が少なくなると、歯周病原菌を抑制するものがなくなり、歯周病になりやすくなってしまいます。

犬が見せるサイン

カメラ目線の犬
歯周病にかかった犬のサインとして、「卵が腐ったような口臭」を放ちます。

口臭の他にも、歯茎が腫れていたり、黒くなっていることがあり、これらのサインが見られる場合は、歯周病がかなり進んでしまっている状態です。

ただ、見た目は問題なくても重度の歯周病という場合もあり、自己判断は難しいので、口臭が気になる場合には、まずは病院で診てもらうことをオススメします。

また、歯周病の進行によって鼻に膿がたまると、「くしゃみを連発する」ことがありますので、犬がくしゃみを繰り返す場合も注意が必要です。

口内の健康を保つには?

ジャーキーを食べる犬
歯周病は、口内細菌が繁殖することで引き起こされます。

口内細菌を増やさないためには、食べカスを残さないことが肝心です。

最近は口腔ケア用のアイテムとして、歯磨きシート・ペーストが販売されていますので、これらのアイテムを使用して愛犬の歯磨き習慣をつけましょう。

サプリメント選びのポイント

普段の歯磨き習慣に加えて、口内の健康維持に役立つ成分は乳酸菌です。

乳酸菌には、口臭や歯周病の原因となる細菌を抑えて、口内環境を正常に保つ働きがあるといわれています。

乳酸菌をサプリメントから摂取する場合、口内でしっかり咀嚼してもらいたいので、味わいながら食べられるゼリータイプや、ドッグフードにかけるふりかけタイプがオススメです。

他にも、口内の健康維持に役立つ成分として、下記のようなものがあります。

ビタミンC

ピーマン

ビタミンCは、ウイルスの増殖を阻止するインターフェロンの分泌を助けます。

乳酸菌は犬にも効果があるの?

ミルク

腸内環境を正常に保つことで知られている乳酸菌ですが、歯垢を抑制し、唾液の分泌を促進させる働きがあるといわれています。

この成分についてもっと詳しく

おすすめサプリメント

商品名ジュレワン乳酸菌ジュレワン乳酸菌ビオワンファインビオワンファインaikonaaikona
価格2,980円7,980円7,980円
割引定期割引2,384円初回割引1,980円-
成分乳酸菌グルコサミン / 乳酸菌グルコサミン / 乳酸菌
形状ゼリータブレット粉末
特徴袋を持ったまま与えられるので、愛犬とのスキンシップを楽しむことができます。動物看護士とドッグライフアドバイザーに、愛犬の気になるしぐさや症状についてメールで相談できるサービスがあります。ドッグフードにかけるタイプなので、食事と一緒に与えることができます。
詳細
この記事をシェアする